所多玛之兽/德拉科/语音

战斗形象1 2

战斗

开始 1

先陣を切らせるのか。……たまには良いか

让余打头阵吗……偶尔来一次也好。

开始 2

前菜如きに呼ぶでない。……ま、食べるが……

甚至都不配让余视作前菜……不过,倒也能入口……

开始 3

ご苦労。貴様らの最期は、余が貪ろう

辛苦了。就让余来贪食尔等的终结吧。

开始 4

多少は食いでがあるといいが?

姑且能有够吃的分量就好了?

技能 1

力を見せるぞ。近う寄れ

给你见识一下余的力量。靠近点儿。

技能 2

これぞ獣の象徴……

这便是兽之象征……

技能 3

堕落するがいい……

堕落吧……

技能 4

余の力を見よ

瞻仰余的力量吧。

技能 5

欲望が回っている……愉快愉快!

欲望正在回转……愉悦,愉悦!

技能 6

見せてやろう……黄金の使い道を!!

让你见识一下吧……黄金的用法!!

指令卡 1

皿をもて

拿盘子来。

指令卡 2

酒をもて

拿酒来。

指令卡 3

金をもて!

拿金钱来!

宝具卡 1

許す。魔力を注ぐが良い!

余准了。注入魔力便是!

宝具卡 2

卓上に人理は満ちた

桌上已经摆满了人理。

宝具卡 3

喜べ、貴様らの運は今尽きた

欢喜吧,尔等的运气现在到头了。

宝具卡 4

人が抱える欲望を見せてやろう……

让你见识一下人所抱持的欲望吧……

攻击 1

ふっ!

呼!

攻击 2

はっ!

哈!

攻击 3

ふん

哼。

攻击 4

そら!

看招!

攻击 5

うむ

嗯。

攻击 6

そこだ

那里!

攻击 7

どうした?

怎么?

攻击 8

美味いか?

好吃吗?

攻击 9

不味いか

不好吃吗。

攻击 10

毒味はいらん

余可不想尝。

攻击 11

穢らわしいな

真是肮脏啊。

攻击 12

目障りだ

碍眼。

Extra 1

朽ち果てよ……

朽烂吧……

Extra 2

死に絶えよ!!

死尽吧!!

Extra 3

フハッ、足掻け足掻け!

呵哈,挣扎吧挣扎吧!

宝具 1

厄災は海より来たる……。見るがよい、これが貴様らの繁栄の答え。地に富を築き上げた、欲望の末路である!! ───今のはいい悲鳴だったな。舌が濡れたぞ?

灾厄自海而来…… 看好了便是,这就是尔等之繁荣的答案。以财富堆筑于大地之上的,欲望的末路!!——刚才的悲鸣听来不错。余的口舌都生津了哦?

宝具 2

開演だ、身震いせよ罪人共。地に富を築き、天に届かんとするもの……その願いに応えてやろう!! この、『抱き融す黄金劇場』でな!

开演之时已至,颤抖吧罪人们。于大地之上堆筑财富,意图通天之人……那份愿望就让余来回应吧!!用这,怀抱融解的黄金剧场!

宝具 3

蔓延るは炎、轟くは笑い。七つの竜よ、我が指となるがよい! いだき、とかし、平らげようか!? ───うむ。ま、三つ星程度よな

火焰蔓延,笑声轰鸣。七之龙啊,化作余之手指吧!怀抱、融解,悉数食尽吧?!——嗯。哎,也就三星水平吧。

宝具 4

蔓延るは炎、轟くは笑い。七つの竜よ、我が指となるがよい! いだき、とかし、平らげようか!? ───うむ、満足だ! 五つ星をくれてやろう!!

火焰蔓延,笑声轰鸣。七之龙啊,化作余之手指吧!怀抱、融解,悉数食尽吧?!——嗯,满意了!给五星好评吧!!

受击 1

火花散る、良い味だ……!

火花四散,滋味不错啊……!

受击 2

くっ!

呃!

受击 3

ぼったくりというやつかーーーっ!!?

是要宰客吗——?!!

受击 4

胃にもたれる……

胃都不消化了……

无法战斗 1

不愉快極まる! 余は恥ずかしい……

不快至极!余为之羞耻……

无法战斗 2

うまくいかなかったようだな……余の責か?

不是很顺利啊……是余的责任吗?

无法战斗 3

これ、敵が強すぎじゃない? 余は悪くないぞ!

这明显是敌人太强了吧?余可没有错!

无法战斗 4

勝つまでやる! 余は敗北を知らぬ故な。───勝つまでやる!!

打到赢为止!毕竟余可不知道什么是败北啊。——打到赢为止!!

胜利 1

お前たちの遊びも、悪くはないな

你们的小游戏,倒也还不赖。

胜利 2

次の会場に案内せよ。物足りぬ

带余去下一个会场。还不够。

胜利 3

質も量も三流か、余を煩わせるな

质和量都只有三流吗,别拿这种货色打扰余。

胜利 4

破滅にしろ繁栄にしろ、幕引きまで足掻くがいい……

是破灭还是繁荣,在幕布拉上前就尽管挣扎吧……

召唤和强化

召唤

我が名はドラコー。ソドムの獣、ドラコー。うむ……ああ、そうだとも。クラスは―――ビースト。ふふ……ははははは! こいつは傑作だな!貴様、とんでもない当たりを引いてしまったぞ!

吾名为德拉科。所多玛之兽,德拉科。嗯……啊啊,当然了。职阶是——Beast。呵呵……哈哈哈哈哈!这还真是杰作啊!你还真是,抽到了相当不得了的一张牌啊!

升级 1

ほんの少し、爪の先ほど強くなったな

大概就一点点,爪子尖变强了那么一点吧。

升级 2

足りぬ足りぬ! これでは腹は膨れぬ!

还不够还不够!只靠这些根本填不了肚子!

升级 3

種火か……味が薄いな……。まぁ食べるが

种火啊……感觉没什么味道啊…… 算了,吃吧。

灵基再临 1

余の姿は変わらぬ。都市喰らいのドラコーになるには、二千年ほど待つが良い。────なに? 変わった? ………変わっているな………

余的姿态不会变化。要成长为吞噬都市的龙(德拉科),等上个两千年左右便是。——什么?有变化?……还真变了啊……

灵基再临 2

先程はドレスを着替えただけ、やはり余の姿は変わらぬ。……だから、な、そこまでにしておくがよいぞ。───おい! 聞いているのか!?

之前那只是余换了件礼服而已,果然余的姿态是不会变化的。……所以说,就到这里就可以了。——喂!你在听吗?!

个人空间

牵绊 Lv.1

余はお前たちに何も期待しておらぬ。無様に果てよ

余对你们没有任何期待。凄惨地终结吧。

牵绊 Lv.2

日常に於いて余に意見を求めるな。死ねとしか言わぬ

日常方面不要来询问余的意见。余只有一句“去死”。

牵绊 Lv.3

頭痛がする……ここは欲望が薄い。なぁにをやっているのだ、このような場所に引きこもりおって。余は東京に行くぞ?

头开始痛了……这里的欲望太淡薄了。把余拘束在这样的地方,你到底怎么想的。余可要去东京咯?

牵绊 Lv.4

元始に於いて、王冠・城塞は、女神を示すものだった。王は人を統べ、城塞は人を育てるものだからな……。余もあるいは───いや、何でもない

最初,王冠、城塞都是展现女神之德的事物。毕竟王是统治人民的,而城塞是养育人民的啊…… 余也可以说是——不,没什么。

牵绊 Lv.4

あの時の事は……あの姿の余の事は忘れよ、余もすぐに忘れる。……忘れろと言っておろうが! ───噛むぞ!

那个时候的事情……还有那种姿态的余,都给余忘掉,余也会马上忘掉的。……不是都说了叫你忘掉了吗!——咬你哦!(第三再临后)

牵绊 Lv.5

小さき人の身の戦いも、面白いな。貴様らが争う理由も少しは分かってきた……だが。いかんせん、こまい! ひとつぶ、ふたつぶでは、腹が膨れぬ。大空に載せるような大戦が恋しいなぁ……

渺小人身的战斗,也挺有意思的。余也有些理解你们抗争的理由了……不过,不管怎么说,还是太小了!这么一粒两粒的,都不够填肚子的。真怀念那种登临长空的大战啊……

牵绊 Lv.5

汚濁は好まぬ、味が混ざる。怠惰は好まぬ、質が落ちる。無駄は好まぬ、鮮度が落ちる。そして……なにより情熱は好まぬ。余の目を眩ます光など、不愉快なことこの上ない……

余不喜欢污浊,会让味道变杂。余不喜欢怠惰,会让品质下降。余不喜欢徒劳,会让鲜度流失。还有……余最不喜欢的是热忱。没有什么东西,比这令余目眩的光芒更令人不快了……

对话 1

まだ準備はできぬのか? ……ま、ゆるりとな

还没准备好吗?……算了,慢慢来吧。

对话 2

人は欲望に従うもの。余は欲望を味わうもの。どちらが上か、言わずとも分かろう

人是屈从于欲望者。余则是品味欲望者。哪一边更高级,不言自明了吧。

对话 3

絆とはまたおかしな事を……。断絶を深めるつもりか?

又开始说什么“牵绊”的稀奇古怪的东西了…… 你是打算进一步加深断绝吗?

对话 4

あぁ……やはりいるのか。愚かなる余、己が何者であるかも知らず、なんとも呑気なものだ……

啊啊……果然在吗。愚蠢的余,连自己是怎样的存在都不曾知晓,真是何等的漫不经心……(持有尼禄·克劳狄乌斯尼禄·克劳狄乌斯〔新娘〕尼禄·克劳狄乌斯(Caster))

对话 5

余を追ってきたのか、ロクスタよ。……相も変わらず健気な女だな……

是追着余来了吗,洛库斯塔啊。……还真是一如既往勇气可嘉的女人啊……(持有洛库斯塔)

对话 6

付きまとうな鬱陶しい……。……貴様も余もけもの……決して相容れる事はない……。───ええいっ! やめろ! 頭を撫でるなハグするなーーっ!! 貴様は余の母ではない!!

别跟着余,烦死了…… ……你和余分明都是兽……是绝对不可能相容的…… ——哎!别这样!别摸余的头也不要抱余!!你又不是余的母亲!!(持有幼体/提亚马特)

对话 7

貴様とは相容れぬな……星の獣……

余和你是无法相容的……星之兽……(持有阿瓦隆女士)

对话 8

獣を追う聖剣の騎士か……。だが、本命は余ではあるまい。貴様の真の目的は、Gの方であろう……?

追寻着兽的圣剑骑士吗…… 不过,你的宿命并不是余。你真正的目标,应该是G那一边吧……?(持有亚瑟·潘德拉贡〔Prototype〕)

对话 9

余にそのように語りかけるとは……翁殿は変わらぬな……

竟会这般向余搭话……老翁阁下还真是一如既往……(持有“山中老人”)

对话 10

他の獣までおるではないか。どいつもこいつも、見るに堪えぬ醜さだな。貴様、人付き合いは考えた方がいいぞ

这不是还有其它兽在吗。不管哪个,都是不堪入目的丑陋啊。你这家伙,还是再多考虑一下人际交往的方法比较好吧。(持有部分从者[注 1])

对话 11

伯父上がおるのか。……折角だ、その首千切って、愚かなる余に投げてよこしてやるか……。……………………冗談だ、忘れよ

舅父大人也在啊。……机会难得,就把这首级千刀万剐,再扔给那愚蠢的余吧…… …………余开玩笑的,忘了吧。(持有卡利古拉)

对话 12

やめろ神祖。……余はローマではない……

别这样,神祖。……余可不是罗马……(持有罗穆路斯罗穆路斯·奎里努斯)

对话 13

敵意が漏れ出しているぞ、ブーディカ。お前が正しい。今の余は、お前が憎んだローマそのものであるが故

你的敌意已经漏出来了啊,布狄卡。你是正确的。现在的余,就是你所憎恶的罗马本身啊。(持有布狄卡)

喜欢的东西

人間の堕落こそを余は好む。…………と言いたいところだが、どうにも気分が晴れぬ

余所中意的正是人类的堕落。……虽然很想这么说,但无论如何心情都好不起来。

讨厌的东西

怠惰は許さぬ。それは余の欲する堕落ではない

余不会容许怠惰。那并非余想要的堕落。

关于圣杯

聖杯は余の物だ、いくらでも作ってやるとも。……なに、材料は元々貴様らだ。自給自足、というやつだな

圣杯是余的所有物,想造几个都没问题。……没什么,反正原材料本来也是你们。这就是所谓的自给自足吧。

活动举行中

祭りだ。退屈がてら、貴様の奮闘を味わうとするか……

节庆啊。无趣的时候,也顺带品味一下你们的奋斗吧……

生日

誕生日とな? 余は名君であるが故、臣下の働きには正しく報いる。労ってやろう

生日是吧? 既是名君,余自然会正当地回报臣下的辛劳。让余来慰劳你一番吧。

战斗形象3

战斗

开始 1

乗りこなしてみせよ、獣の騎手よ

驾驭给余看吧,兽之骑手啊。

开始 2

貴様の用意した皿だ、残さず食べるとも

这可是你为余准备的菜品,余当然会分毫不剩全部吃完的。

开始 3

大儀である! 貴様らの結末、余が見届けよう

此乃大典!尔等的结局,就由余来见证吧。

开始 4

余は今、気分がいい……災難だったなぁ!!

余现在,心情很不错……真是灾难啊!!

技能 1

褒美をやろう

赞赏吧!

技能 2

これぞ獣の象徴

这便是兽之象征。

技能 3

とくと見蕩れよ!

尽管看余入迷吧!

技能 4

我の力を見よ

瞻仰余的力量吧。

技能 5

剣を見せよ!

为你展示这把剑吧!

技能 6

欲望の熱は止まらぬ

欲望的热量,没有止境。

指令卡 1

望みを声にせよ

将愿望化作声音吧。

指令卡 2

我が舌を喜ばせろ

取悦余的舌头吧。

指令卡 3

よかろう!

好吧!

宝具卡 1

劇場の準備は整った。幕を開けよ!

剧场的准备完成了,拉开大幕!

宝具卡 2

さあ、宴を始めようぞ?

来吧,开宴吧?

宝具卡 3

荒ぶる獣の抱擁を、受けるがいい

狂乱之兽的拥抱,受着便是。

宝具卡 4

愛も悪も全て吞み込み、ソラへ!

爱也好恶也罢,将一切吞噬,登向天穹!

攻击 1

ふっ!

呼!

攻击 2

はぁっ!

哈!

攻击 3

ぬん!

哼!

攻击 4

うむ!

嗯!

攻击 5

ロサ・サンウィス!

蔷薇血潮(Rosa Sanguis)!

攻击 6

そこだな!

是那里吧!

攻击 7

歌え、インヴィディア

歌唱吧,英伟迪亚(Invidia)[注 2]

攻击 8

余の行く手は阻めぬ

余的行进无人可以妨碍。

攻击 9

スペルビア、アウァリティア

苏佩尔比亚(Superbia)、阿瓦利提亚(Avaritia)!

攻击 10

イラ! グラ! アケディア!

伊拉(Ira)!古拉(Gula)!阿凯迪亚(Acedia)!

攻击 11

ゆくぞ、ルクスリア!

要上了,路克苏利亚(Luxuria)!

攻击 12

血の大輪を咲かせよ!

让血之花绽放吧!

Extra 1

格の違いを見せてやろう!

让你见识一下位格的差距!

Extra 2

獣の七冠よ!

兽之七冠啊!

Extra 3

よいぞ、舌が濡れる!

很好,余的口舌都生津了!

Extra 4

そーれっ、ドッカーーーン!!

看~招,炸飞吧——!

宝具 1

厄災は、海より来たる……見るがよい! これが貴様らの繁栄の答え、欲望のソラを切り裂く、流星の煌めきである! ───『抱き融す黄金劇場』!!

灾厄,自海而来……看着便是!这就是尔等繁荣的答案,是撕裂了欲望的穹顶的,流星的煌煌辉光!——怀抱融解的黄金剧场!!

宝具 2

赤き血潮よ、終焉を飾るがよい。燃えよ、『抱き融す黄金劇場』よ。砕け、『ラウスティラノ・クラウディウス』!! ───我が情熱は、業火の如く!!

赤色的血潮啊,为终焉作个妆点吧。燃烧吧,怀抱融解的黄金剧场啊。粉碎罢,那为人传颂的君主克劳狄乌斯(Laus Tyranno Claudius)!!——吾之热情,如业火般燃烧!!

宝具 3

咲き誇るは焔、轟くは叫び! 七つの竜よ、翼となって駆けよ! いだき、とかし、恋焦がれるか!? ───フッ! 甲斐性なしめ

火焰傲然绽放,呐喊轰然作响!七之龙啊,化作羽翼驱驰吧!怀抱,融解,坠入余之爱河吧?!——哼!没出息的东西。

宝具 4

咲き誇るは焔、轟くは叫び! 七つの竜よ、翼となって駆けよ! いだき、とかし、恋焦がれるか!? ───見事だ! 朽ちる事を知らぬ、愛の肉よ……!

火焰傲然绽放,呐喊轰然作响!七之龙啊,化作羽翼驱驰吧!怀抱,融解,坠入余之爱河吧?!——漂亮!这不知腐朽为何物的,爱之肉啊……!

受击 1

火花散る、良い味だ

火花四散,滋味不错啊。

受击 2

フッ!

哼!

受击 3

それで余を追い詰めたつもりか……!

是想要把余逼上绝境吗……!

受击 4

効かぬ!

没用的!

无法战斗 1

やはり、落陽は超えられぬか……

果然,还是无法超越落日吗……

无法战斗 2

この姿で敗れるとは……不甲斐ない……

在这个姿态下竟然还会败北……真不象样……

无法战斗 3

獣使いが荒いぞ……余はむくれる……

驯兽师也太乱来了……余很失落……

无法战斗 4

嫌だ嫌だ~、余は負けたくない~、勝つまでやる~!

讨厌讨厌~余才不想输呢!给余打到赢为止~!

胜利 1

英霊のように振る舞うのも悪くない。少しばかり、面映ゆいがな

像个英灵一样行动倒也不赖。只是,稍微有点难为情啊。

胜利 2

埋葬の花を焼べて、貴様の旅路の手向けとしよう

余会烧却葬于土中的花,作为你旅途的饯行。

胜利 3

次の皿をここに。まだまだ食べ足りぬぞ?

下一道菜上这儿就好。余还完全没吃饱呢?

胜利 4

存分に褒めよ、そして甘やかせ

尽情称赞余,然后溺爱余吧。

召唤和强化

升级 1

欲望が満ちてゆく……強く熱い、想いの力だ

欲望正在满盈……强烈地发着热,是思绪的力量。

升级 2

余、最強すぎない?

余,未免最强过头了吧?

升级 3

さすがに飽きてきたぞ……味変したい

再怎么说也吃腻了……想换换口味。

灵基再临 3

これが、落陽を超えた余の姿だ。……どうした? 遠慮はいらぬ、存分に褒めちぎるがいい。……うむ、さっきの態度はなんだったのか、だと? ……ん、あぁ……単に照れていただけだ。察しろ

这就是,超越了落日的余的姿态。……怎么了?不用太担心,尽情夸奖余便是。……嗯,你问刚才的态度是怎么了?……嗯,啊啊……单纯害羞了而已啦。给余有点眼力见啊。

灵基再临 4

ほら、しかと見よ。こぉんなにも大きくなったぞ? 獣を獣のまま育てるとは、貴様、余でさえ怖気を震うほどの欲深さだ。……だが、悪くない。むしろ良い。人類愛も人類悪も、全て吞み込んで、我らは共に上るのだ

来,看好了。余可是能变得这么大的哦?让兽就维持着原本的性质一步步成长,你还真是,贪得无厌到让余都感到害怕呢。……但是,很不错。不如说很好。人类爱也好人类恶也罢,全都一并吞噬,我等要一同向上攀登。

个人空间

牵绊 Lv.1

鎖もなしに獣を傍に置くとはなぁ。ゆめゆめ油断せぬ事だ。隙を見せれば、ガブリ! ……だぞ? フッフッフッフッフ……

竟然连锁链都不上就敢把兽放在身边啊。你可最好永远不要放松警惕。只要被余找到破绽,就是“啊呜”一口!……会变成这样哦?哼哼哼哼哼……

牵绊 Lv.2

貴様、余の話を聞いていたか? こうも無防備では、かえって毒入りを疑うというもの。……据え膳か? 据え膳なのか貴様!?

你啊,真的听余说话了吗?这么没有防备的话,反而让人怀疑是不是别有用心了。……是在挑逗余吗?是现成的送上来给余吃吗你?!

牵绊 Lv.3

事実、証明世界において、余はカルデアを幾度となく貪ってきた。最後は別の貴様に敗れたわけではあるが……そうだな、向こうでも余は貴様の召喚に応じているかもしれぬな。クラスは、それこそアルターエゴあたりか?

事实上,在证明世界里,余也已经无数次贪食过迦勒底了。虽然最后被另外的你打败了就是了……是啊,或许就算在另一边,余也会回应你的召唤吧。职阶的话,那边就该是Alterego了吧?

牵绊 Lv.4

正直に言おう。この姿の余は、少々───そこそこ? なかなかに浮かれている。元のドラコーのままの余であれば、羞恥のあまり爆発する。生温かく見守るがいい

余直说了吧。这个姿态的余,稍微——大概?是相当奔放的。若是之前那个维持德拉科姿态的余,肯定会羞耻到当场爆炸。温和地守望着她便好。

牵绊 Lv.5

獣の身のまま、あの落陽を超える……なんとも都合のいい夢だ。脚本としては三流、デウス・エクス・マキナというやつだな。……だが、悪くない。『色々あったが解決した』……ああ、余はいい言葉だと思うぞ。それも、神に看取られて終わるのではない。その向こう側へ、旅立つのだ。そしてもう一人───いや、何でもない。忘れよ……

在兽身的状态下,超越那落日……多么美妙的梦啊。作为剧本来说只有三流水准,算是所谓的机械降神(Deus ex Machina)[注 3]吧。……不过,还不赖。『虽然发生了很多事情,但最后还是解决了』……啊啊,余觉得这种话非常不错。而且,那并非是在神的看护下迎来终结。而是向着另一侧,踏上了旅途。而且还有一位——不,没什么,忘了这些吧……

对话 1

作戦を練っておるのか? フッ、健気ではないか

在演练作战吗?哼,还真是用心可嘉。

对话 2

余が偉い! もう一度言う、余が偉い!

余很伟大!再说一遍,余很伟大!

对话 3

獣を獣のまま従えるというのなら、貴様は獣の騎手だというわけだ。見事乗りこなしてみせろよ? 余は暴君、暴れ馬であるが故に

维持着兽原本的姿态使之服从,也就意味着你是兽的骑手。可要好好驾驭给余看啊?毕竟余是暴君,也就是烈马啊。

对话 4

あぁ……やはりいるのか。愚かなる余、己が何者であるかも知らず───いや待て。なんだその格好は!? ……花嫁? お、おう、そうか……あー、んー、まぁ……程々にな

啊啊……果然在吗。愚蠢的余,连自己是怎样的存在都不曾知晓——不对等下。那身打扮是怎么回事?!……新娘?哦、哦,这样啊……啊、嗯、嘛——要适可而止啊。(持有尼禄·克劳狄乌斯〔新娘〕)

对话 5

せっかくだ、ロクスタよ。晩餐はお前が用意せよ。神々の御饌というわけだ。あるいは、スーパーキノコターーーーーーイム!!

机会难得,洛库斯塔啊。晚餐就由你来准备吧。这就是所谓众神之御馔啊。或者说是,超级蘑菇时间——!(持有洛库斯塔)

对话 6

なんだ? 貴様まで再臨して……。競うな張り合うな! それとやはり、余の方が背が高いな~! むふ~!

怎么?连你也再临了…… 别和余竞争啊!还有,果然还是余比较高啊~!嗯哼~!(持有幼体/提亚马特)

对话 7

ならば、あの時と同じように答えよう、翁殿。───見えているとも。この汚濁の中で、眩しいほどに

那么,就给你和那时一样的答案吧,老翁阁下。——余当然能看到了。在这般污浊当中,闪耀到眩目的地步——(持有“山中老人”)

对话 8

他にも獣がいる事はまあ許そう。なにせビーストのまま喚ばれたのは余だけだ。役者の違いは明らかだというもの

还有其它的兽在这里的事情余姑且就不计较了。毕竟维持着兽的形态原模原样被召唤过来的只有余一个。演员之间的差距也是一目了然的。(持有部分从者[注 4])

对话 9

違うぞ伯父上。余は母では……アグリッピナではない。だが、そうか……そのようになっても、伯父上は余のために泣いてくれるのか……

你认错了,舅父大人。余并非母亲……并非阿格里皮娜。不过,是吗……即便变成了这样,舅父大人也还是会为余哭泣吗……(持有卡利古拉)

对话 10

神祖よ……結局、余にとってローマとはなんだったのか、分からぬままだよ……。しかし、それもまた、ローマか

神祖啊……到头来,对余而言,罗马究竟是何物,余还是没能明白…… 然而,那也依然是,罗马吗。(持有罗穆路斯罗穆路斯·奎里努斯)

对话 11

あぁ、ブーディカ……。おまえはとっくに超えていたのだな、おまえにとっての落陽を……

啊啊,布狄卡…… 你早已经超越了,那对你而言的落日吧……(持有布狄卡)

喜欢的东西

好きなもの? もちろん、余だ! ……などと宣う愚かなる余が、羨ましく思えるな……。……ま、貴様ら人間と答えておこう。ふふふ……

喜欢的东西?“那当然,是余!”……能够这样宣称的愚蠢的余,还真令人羡慕啊…… ……不过,余就回答“尔等人类”吧。呵呵呵……

讨厌的东西

嫌いなもの……汚濁、怠惰、無駄……。情熱は……まあ、そうだな、眩すぎる光は、どうにもな……

讨厌的东西……污浊、怠惰、徒劳…… 至于热忱……唉,是啊,过于眩目的光芒,不论如何也……

关于圣杯

聖杯で汚水を呑み続ける竜が、余ではあるが……今はいらぬよ

以圣杯不断吞噬着污水的龙便是余……但余现在不需要了。

活动举行中

祭だ! 余に美酒を捧げよ、勝利という名の甘い毒をな

是节日啊!为余献上美酒吧,献上那名为胜利的甘美之毒。

生日

誕生日だと?なぁ〜んだ貴様、構って欲しいのか?…フフン、良い良い──可愛がってやるぞ……

你说生日?什~么嘛你这家伙,想让余多关照你吗?…哼哼,不错不错——余会好好疼爱你的……

螺旋证明世界 Lilim Harlot ~无人喝彩的蔷薇~

对话 1

さあ、働け。戦え。駆けずり回れ。余は堕落の獣だが、怠惰を嫌う。無様に足掻いてこその人間よ

来吧,工作吧。战斗吧。到处奔忙吧。余虽然是堕落之兽,却讨厌怠惰。笨拙地挣扎才是人类该做的事啊。

对话 2

流石は人類最後のマスター。まさか、クラス:ビーストをサーヴァントに従えるとはなあ? 精々仲良くやっていこうではないか? フフフ……

不愧是人类最后的御主,居然将兽作为从者役使啊?就让我们好好相处吧?哈哈哈……

对话 3

精々余に尽くすがよい。安心しろ、余は名君ゆえ、臣下の働きには正しく報いるとも……

为了余竭尽全力吧。放心, 既是名君,余自然会正当地回报臣下的辛劳……

对话 4

余は必ずやビーストに返り咲く。その時は、貴様の骨の髄まで喰らい尽くすと約束しよう

余必将会以兽的姿态再度盛放。到时候,余保证会把你啃食到连骨髓都不剩下。

对话 5

インフォメーションの確認を怠るな。我らにとって、世界の全ては敵。一瞬の油断が命取りとなろう

不要疏忽对信息的确认。对我等而言世界的一切都是敌人,一瞬间的大意也会让你丢掉性命的。

对话 6

見事であった、カルデアのマスターよ。貴様が辿り着いた結末は、我が落陽を越えるものであった。――貴様の地獄に、万雷の喝采を

干的漂亮,迦勒底的御主啊,这就是你所到达的结局,跨越了余的落日。——为你的地狱,献上如雷的喝彩。

对话 7

まもなくラダーも終天に辿り着く。貴様はカルデアに、余は落陽の向こうへと……。いつか二つの地獄が交わることもあろう。震えて待つがよいぞ? フフフ……

不久阶梯就将抵达终天。你将回到迦勒底,而余走向落日…… 总有一天,两个地狱将会相遇吧。颤抖着等待吧?呵呵呵……

对话 8

褒美をとらす。受け取るがよい

给你的奖赏。收下吧。

对话 9

おお、見事な働きだ。これは相応の品で報いてやらねばなあ?

啊,精彩的活跃啊。这下必须准备相应的回报了吧?

对话 10

新たな試練だ。手間取っている暇はない、ゆくぞ!

是新的试炼。没有空闲的时间了,要上了!

对话 11

新たなクエスト、すなわち、敵だ。何もかも平らげてくれる……!

新的任务,也就是敌人。无论是什么都会给你摆平……!

对话 12

さあ、埒が開いたぞ? 旅を急ごうではないか

好了,限制已经打开了哦?赶紧踏上旅途吧。

对话 13

セタンタの奴め……調子に乗りおって。……まあ良い。貴様が面倒を見よ

瑟坦特那家伙……未免太来劲儿了。……罢了。你看好他就是。

对话 14

そろそろ旅の終わりだ……ここまで来たのだ。最後まで共にゆこう

差不多也该到旅途的终点了……都已经到这里了,就一起走到最后吧。

对话 15

大儀である……。貴様はこの螺旋証明世界を完全に踏破した。――ああ、そうだな。認めるとも。よい旅であった……

此乃大典…… 你已经完全遍历了这座螺旋证明世界。——啊啊,是啊。余当然会予以承认。这是一趟不错的旅途……

对话 16

過酷な旅だ。備えは十分にな? 費用は当然、貴様持ちだ。余は金子を持たぬゆえな

这是一场过分严酷的旅程。事前准备可得做好了啊?花销当然算在你头上。毕竟余是不会带钱的。

对话 17

必要なものがあるのなら、分けてやる。だが、無駄も浪費も余は許さぬ……ご利用は、計画的に、だ!

要是有需要的东西,可以分给你。但余是不会容许徒劳与浪费的……也就是说,要有计划地利用!

对话 18

良かろう。受け取るがいい。正当な取引だ。余は労働には公正である

好吧。收着便是。这是正当的交易。余会公正地评判劳动的。

对话 19

貴様が今支払った魔力リソースも、余が返り咲くための糧となるのだ。存分に貢ぐがよい

你现在所支付的魔力资源,也都会化作余再度盛放的食粮。尽管上贡吧。

对话 20

ほう? そんなにもこれが欲しいのか? フフフ。このいやしんぼうめっ!

嚯?这么想要这个吗?呵呵呵。你这贪吃鬼!

对话 21

……何だ? 貴様、また来たのか。まあ余韻に浸るのも悪くない。寛いでゆくがいい

……怎么?你竟然又来了啊。不过,沉浸在余韵当中回味一番也不赖。慢慢来就好。

对话 22

食べ残しはないか? もうすぐここも閉まる。欲しいものがあるなら今の内だ

没有剩饭吧?这里马上就要闭店了。还有什么想要的就趁现在吧。

注释

语音注释
  1. 包括迦摩光之高扬斯卡娅杀生院祈荒幼体/提亚马特迦摩(Avenger)杀生院祈荒(MoonCancer)暗之高扬斯卡娅
  2. 此处及下文出现七个龙头的名字取自天主教教义中七宗罪的拉丁名:嫉妒(Invidia)、傲慢(Superbia)、贪婪(Avaritia)、愤怒(Ira)、暴食(Gula)、懒惰(Acedia)、色欲(Luxuria)
  3. 源自古希腊戏剧的一种舞台表现手法,当戏剧情节陷入胶着和困境时,通过舞台机关装置将扮演神明的演员送上舞台,让“神明”施展戏剧逻辑之外的神力解决困难,使剧情倒向大团圆。衍生意义即在故事中唐突地出现意料之外的强大力量或助力,不讲逻辑地解决原有问题,通常被用于批评文艺作品在叙事逻辑上的缺陷
  4. 包括迦摩光之高扬斯卡娅杀生院祈荒幼体/提亚马特迦摩(Avenger)杀生院祈荒(MoonCancer)暗之高扬斯卡娅