尼莫/语音

战斗

开始 1

キャプテン「敵影発見だ。総員、持ち場につけ!」

船长:发现敌影。全员,各就各位!

开始 2

キャプテン「ソナーに感あり。みんな、準備はいい?」

船长:声呐出现反应。各位,准备好了吗?

开始 3

キャプテン「航海はクールに。接触はスマートに。分かる?」

船长:航海要冷静。接触要洒脱。明白了吗?

开始 4

キャプテン「はぁ……魚雷、撃ちたいな」

船长:唉……好想发射鱼雷啊……

技能 1

キャプテン「よいしょっと」

船长:嘿咻。

技能 2

キャプテン「酸素補充だ。ちょっと待って」

船长:要补充氧气了,稍等片刻。

技能 3

キャプテン「よし、いい海風だね」

船长:好。海风真不错。

技能 4

キャプテン「カモメの歌を聞きたいかい?」

船长:想听海鸥的歌声吗?

指令卡 1

キャプテン「見えてる」

船长:能看到。

指令卡 2

キャプテン「聞こえてる」

船长:能听到。

指令卡 3

キャプテン「分かってる」

船长:我知道。

宝具卡 1

キャプテン「ベルトを締めて。ノーチラスで行く!」

船长:系好安全带!鹦鹉螺号要上了!

宝具卡 2

キャプテン「いいよ。僕の本気を見せる時だ」

船长:可以。是时候让你见识我的真本事了。

宝具卡 3

キャプテン「ヨーソロー! 待っていたよ! ……あっ、いや、別に」

船长:前进! 我就在等这刻!……啊,不,没什么。

攻击 1

キャプテン「トーリトーン!」

船长:特里同——!

攻击 2

キャプテン「吹き飛べ!」

船长:打飞吧!

攻击 3

キャプテン「容赦はしない!」

船长:绝不手下留情!

攻击 4

キャプテン「海は綺麗にね!」

船长:让大海变得干净哦!

攻击 5

キャプテン「大いなる父よ!」

船长:伟大的父亲啊!

攻击 6

キャプテン「イーヤッハー!」

船长:咿——呀哈——

攻击 7

キャプテン「雷撃、てーい!」
マリーン「はいっ!」「ほいっ!」「そーれっ!」

船长:鱼雷,发射——!
水兵:是!好!看招!

攻击 8

キャプテン「雷撃、てーい!」
マリーン「イェーイ!」「やるよ~!」「おっしまーい!」

船长:鱼雷,发射——!
水兵:耶~!动手啦~!结束啦~!

攻击 9

キャプテン「こっちこっち!」

船长:这边这边!

攻击 10

マリーン「それー!」「急げー!」「重い重~い!」

水兵:看招~!抓紧~!好重好重!

攻击 11

マリーン「うぇ~! キャプテン、人使い荒いよねー!」

水兵:哎~!船长太会差遣人了~!

Extra 1

キャプテン「マリーンズ出撃!」
マリーン「どっちどっち〜?!」「こっちこっち!」「そっちそっち?」

船长:水兵们,出击!
水兵:哪边哪边~!?这边这边~!那边那边~?

Extra 2

キャプテン「マリーンズ出撃!」
マリーン「「「せーの、ノーチラス・スライダー!」」」

船长:水兵们,出击!
水兵:预备,鹦鹉螺号滑行!

Extra 3

キャプテン「小型艇、発進!!」
マリーン「どっちどっち〜?!」「こっちこっち!」「そっちそっち?」

船长:小型舰,起航!
水兵:哪边哪边~!?这边这边~!那边那边~?

Extra 4

キャプテン「小型艇、発進!!」
マリーン「「「せーの、ノーチラス・スライダー!」」」

船长:小型舰,起航!
水兵:预备,鹦鹉螺号滑行!

宝具 1

キャプテン「発進!」
マリーン「目標発見!」
プロフェッサー「本艦直上!」
エンジン「内燃機関、最大!」
ナース「生命保護、最大!」
ベーカリー「たまご焼きオーケー☆」
キャプテン「よし、急速浮上! 我らこそ、海神の鉾! 『我は征く、鸚鵡貝の大衝角』!!」

船长:起航!
水兵:发现目标!
教授:本舰正上方!
引擎:内燃机,最大输出!
护士:生命保护最大化!
烘焙坊:蛋卷烧,完成!
船长:好,急速上浮!吾等乃是海神之矛!吾将远征,鹦鹉螺的大冲角!

宝具 2

キャプテン「トリトンエンジン、スタート!」
マリーン「照準よろし!」
プロフェッサー「計算完了……!」
エンジン「おらぶん回すぜ!」
ナース「艦内設備、ロック」
ベーカリー「プリンはいいかしら~?」
全員「「「「「許可する!」」」」」
キャプテン「海を荒らすものを、キャプテン・ネモは許さない! 行くぞ! 『我は征く、鸚鵡貝の大衝角』!」

船长:特里同引擎,启动!
水兵:瞄准好啦!
教授:计算完成~!
引擎:欧啦,转起来吧!
护士:舰内设备锁定!
烘焙坊:布丁可以吗?
全员:允许!
船长:尼莫船长决不原谅扰乱大海之人!出发——吾将远征,鹦鹉螺的大冲角!

宝具 3

キャプテン「最終確認、点呼!」
マリーン「だいたいあってる!」
プロフェッサー「だいたいいいですー」
エンジン「だいたい行けるぜ!」
ベーカリー「だいたいバッチリ☆」
ナース「ノーコメントでーす」
キャプテン「あぁ…もう、仕方ない! 当たって砕けろ! 『我は征く、鸚鵡貝の大衝角』!!」

船长:最终确认,点名!
水兵:大致对了!
教授:大致没问题~。
引擎:大致可行!
烘焙坊:大致完美!
护士:不做评论!
船长:啊~,真拿你们没办法!孤注一掷吧,吾将远征,鹦鹉螺的大冲角!

受击 1

キャプテン「キャプテン・ネモは挫けない……!」

船长:尼莫船长不屈服……!

受击 2

キャプテン「ぐっ……!」

船长:咕……!

无法战斗 1

キャプテン「僕の、帽子は……ノーチラスと、一緒に……」

船长:将我的帽子……和鹦鹉螺一起……

无法战斗 2

キャプテン「誠にすまない……撤退する」

船长:非常抱歉。撤退……

胜利 1

キャプテン「戦闘終了。航海を続けるよ、マスター」

船长:战斗结束。继续航海吧,御主。

胜利 2

キャプテン「悪くない戦いだった。たまには、人魚に戻るのも……ううん、恥ずかしいから、いい」

船长:……战斗得不错。偶尔恢复成人鱼或许也……不,太羞耻了,还是算了。

胜利 3

キャプテン「みゃあみゃあ鳴くのはウミネコだ。……ま、カモメの仲間だけどさ」

船长:喵喵叫的是黑尾鸥。不过也是海鸥的同伴。

召唤和强化

召唤

……いまさら、改まって名乗るのはどうかと思うけど……海神ポセイドンとアンピトリテの子・トリトンにして、潜水艦ノーチラスを駆る“誰でもない者”……色々複雑だけど、キャプテン・ネモと呼んでくれればいい。よろしくね、マスター。

……虽说事到如今再自我介绍未免有些奇怪……既是海神波塞冬与安菲特里忒之子特里同,也是驾驶潜水艇鹦鹉螺号的“子虚乌有之人”……虽然有些复杂,但你叫我尼莫船长就可以了。请多关照,御主。

升级 1

キャプテン「性能向上。グラミーのように逞しい」

船长:性能提升。像丝足鱼一样顽强。

升级 2

キャプテン「ありが、と……今度、お気に入りの海底火山にでも、行ってみる?」

船长:谢谢。……下次要不要去看看我喜欢的海底火山?

升级 3

マリーン「うわぁ〜、レベルアップだー! 僕達、何でも手伝うから、何でも言ってねー!」

水兵:呜哇,等级提升了呀!我们什么事都可以帮忙,有事随时吩咐哦!

升级 4

プロフェッサー「はいどーもー。霊基の成長で、私のやる気もアップー……ふひひ、これで研究も捗るかとー」

教授:嗨,你好。灵基的成长也提升了我的干劲。呵呵呵,这样研究应该也能有所进展了。

升级 5

ナース「ありがとうございます、マスター。お薬、足りなくなったらお出ししますので、どうかいつでも、医務室まで」

护士:非常感谢,御主。药不够的时候我可以开,您随时都可以来医务室。

升级 6

ベーカリー「ベーカリー、レベルアップー! いつでも焼きたて、美味しいパンをどーぞ♪」

烘焙坊:烘焙坊等级提升♡请随时享用刚出炉的美味面包~☆

灵基再临 1

キャプテン「……なあに? 着替えただけじゃないか。別にコメントは必要ないよ。……君が真剣なのが、ちょっとだけ分かったから……こっちも少しだけ、やる気になったんだ。……ジロジロ見ないで欲しい」

船长:……怎么了。不就是换套衣服而已嘛,不需要发表什么感想哦。毕竟我有些明白你是认真的了,所以我也会稍微拿出一点干劲来。不要一直打量我啦。

灵基再临 2

キャプテン「ウツボのように不動、ワニのように無粋……ま、期待していなかったから。なんて事はないけど」

船长:像海鳝一样巍然不动。像鳄鱼一样不解风情。……反正我也没报什么期待,没什么大不了的。

灵基再临 3

キャプテン「懐かしいな……このマントは昔、式典で使ったものだ。キャプテンなんて威張ってるけど、ネモは基本、無口で暗い性格でさ。こういう風におめかしをするのは、よっぽどの時だけなんだ。……どう? 似合う、マスター?」

船长:……好怀念啊。这斗篷以前是在典礼时使用的。虽然始终摆出一副船长的架子,但尼莫一般是沉默寡言性格阴暗的。若非特殊的时候,是不会如此盛装打扮的。怎么样? 还合适吗,御主?

灵基再临 4

キャプテン「ふわぁ……あ、こんな朝早くから見張りとは、ご苦労さま。ノーチラスには慣れた? 少し寒いだろ、こっちに来て座るといい。……ほら、水平線に日が昇る。僕はこんな、静かな雨の中で厳かに切り替わる仄暗い夜明けが好きでね。今までは、鳥たちと眺めていたけど……これからは、君と見るのも悪くない。トリトンでもあり、ネモである僕が、どこまで残れるかわからないけど……君の航海が終わるその時まで、こうして一緒に海を見よう。……君は僕が必ず守るよ、マスター」

船长:这么大清早就来望风,辛苦啦。习惯鹦鹉螺号的生活了吗? 有些冷吧? 来这边坐一会儿吧。你看,太阳从水平线升起了。我喜欢这种在安静的雨中庄严切换的昏暗破晓。以前我都是和鸟儿们一起眺望的,今后和你一起眺望或许也不错。虽然不知道既是特里同也是尼莫的我能坚持到什么时候——但直到你的航海结束的那刻为止,我们都像这样一起看海吧。——我一定会保护你,御主。

个人空间

牵绊 Lv.1

キャプテン「シオンに喚ばれた僕が、何故か君のサーヴァントになっている……運命はわからないものだ。……いや、この場合、シオンの召喚方法がおかしい、ということになるのかな」

船长:被希翁召唤的我不知为何成了你的从者。命运还真是难料呢。……不,这种情况下,应该说希翁的召唤方法太奇怪了吧。

牵绊 Lv.2

キャプテン「艦内の規律さえ守っていれば、文句はないよ。キャプテンとしての立場はあるけど、僕は自由を愛するトリトンでもあるんだから。……そのあたり、忘れてない?」

船长:只要遵守舰内的规矩,我就不会有意见哦。因为我虽然身负船长的立场,但我也是热爱自由的特里同。……这点你该不会忘了吧?

牵绊 Lv.3

キャプテン「シオン直伝の分割思考のおかげで、僕はいくつもの自分に分身できるようになった。マリーンは雑用が好きな僕、プロフェッサーは趣味に没頭したい僕、という風に。それぞれ性格は違うけど、同じネモだ。仲良くするとお得かも、だ」

船长:多亏了希翁亲授的分割思考,我可以创造多个自己的分身。水兵们是喜欢打杂的我,教授是埋头兴趣的我,类似这种。每种性格都不一样,但都是尼莫。和他们打好关系或许有好处哦。

牵绊 Lv.4

キャプテン「男性にも女性的な思考があり、女性にも男性的な思考がある。それと同じで、ネモ・シリーズは少年体と少女体とに分かれている。誰がどっちかかは、あえて言わないけど。……わかるでしょ?」

船长:男性也会有女性的嗜好,女性也会有男性的嗜好。与此相同,尼莫系列分成了少年体与少女体。至于谁属于哪种,我就不说了。……你应该明白吧?

牵绊 Lv.5

キャプテン「次の港に停泊したら、市場に付き合って。僕一人じゃ買い物にも限度があるし、君もそろそろノーチラスの整備をしてくれ。まったく、こうでも言わないと一緒に来てくれないとか、僕のマスターとしての自覚はあるの?」

船长:等在下个港口停泊时,陪我去市场。靠我一个人能买的东西是有极限的,你差不多也该参加鹦鹉螺的整备了。……真是的。不这么说你就不陪我一起去,你究竟有没有身为我御主的自觉啊?

对话 1

キャプテン「クルーズの時間だよ、マスター。ちょっと沖まで流しに行こう」

船长:到巡航时间了哦,御主。在海上漂流一会儿吧。

对话 2

キャプテン「それが合理的なものであり、また、道徳ある命令であれば従おう。非道の作戦には従わない。無茶な作戦には、まあ……時と場合、かな。」

船长:这是非常合理的,另外,符合道德的命令我会照办。残酷的作战我不会听从。胡来的作战……这个嘛,应该要看情况了吧。

对话 3

キャプテン「僕は口べただから、必要以上の会話はしない。……マスターを嫌っているわけじゃないから、そこは勘違いしないように」

船长:我不善言辞,所以不会说非必要的话。并不是讨厌御主,这点还请不要误会。

对话 4

キャプテン「船長に求められるのは安定性だ。いざという時だけ有能、なんて航海と言うより冒険だよ。……まぁ、そういうところがマリーン達に好かれたんだろうけど」

船长:船长所需的素质是稳定性。关键时候才有能力这种事,与其说是航海,还不如说是冒险。……不过,也正是这部分招水兵们喜爱吧。(持有伊阿宋)

对话 5

キャプテン「バーソロミューの慎重さは頼りになる。技量よし、気配りよし、船の名前のセンスよし。……なのに、どうしてあんなに残念なんだろう」

船长:巴沙洛缪的谨慎非常可靠。长得帅气,做事一丝不苟,船舶起名品味也好。……但是,为什么那么废柴呢……(持有巴沙洛缪·罗伯茨)

对话 6

マリーンズ「うわっ、カイニスいるの? やだやだ、僕たちアイツきらーい。ガサツだし声大きいし掃除しないし! よーし、今度あの槍をモップにすり替えてやるぞ」

水兵们:呜哇,凯妮斯也在啊!?讨厌讨厌,我们讨厌那家伙! 粗野、嗓门大,还不打扫卫生!好嘞,下次把她的枪偷换成拖把吧!(持有凯妮斯凯妮斯(Rider))

对话 7

エンジン「へぇー、アレがオリオンか。噂通りムッキムキじゃん。ちぇっ、いいなー、憧れるな―。アタシも男の体ならなー」

引擎:哎,那就是俄里翁啊。名不虚传,肌肉发达。……嘁。真好……真羡慕……如果我也有男性的身体就好了……(持有超人俄里翁)

对话 8

キャプテン「彼女を見ていると、誇らしい反面、後ろめたい。彼女は僕にとって罪の証であり、弾劾者であり───あ、転んだ。うわ、持ってた紅茶が頭に、ゴミ箱がドミノ倒しに───うん、色んな意味で目を離せない」

船长:一看到她,不仅会感到骄傲,还会感到愧疚。对我来说,她既是我罪孽的证明,也是我的弹劾者。……啊,摔倒了。呜哇,端着的红茶泼到头上了。连锁推倒了垃圾箱。……嗯。从各种方面来说,都无法从她身上移开视线呢。(持有拉克什米·芭伊)

对话 9

プロフェッサー「ダ・ヴィンチさんには勉強させてもらってますー。シャドウ・ボーダーとノーチラス、陸と海を制したので、あとは空が課題かとー。……でも、ちょっと心配です」

教授:达·芬奇小姐让我学到了很多知识。Shadow Border和鹦鹉螺号。既然控制了陆地与海洋,那剩下的课题就是天空了吧。……但是,稍微有些担心呢。(持有莱昂纳多·达·芬奇(Rider)莱昂纳多·达·芬奇(Ruler))

对话 10

キャプテン「海の悪魔の名を冠するサーヴァントがいるようだね。この僕の前で随分と大口を……って、何あれ!? ペンギンが魚雷のように発射されてる……だと!? くそっ、その手があったか!」

船长:这里好像有个冠以海中恶魔为名的从者呢。当着我的面竟敢夸下如此海口……那是什么!?竟然将企鹅像鱼雷一样发射出去了……!?——可恶,竟然还有这招!(持有谜之Alterego·Λ)

对话 11

キャプテン「マスター、人類にとって海底は宇宙より未解明の世界だって知ってる? ……知っているなら話は早い。海をよく知る僕が言える事は一つだけ。タコを食卓に並べてはいけないよ」

船长:御主。你知道对人类来说,海底是比宇宙还要未知的世界吗?知道的话就好办了。了解海洋的我要说的话只有一句。——可不能把章鱼摆上餐桌哦。(持有葛饰北斋(Saber)葛饰北斋)

对话 12

キャプテン「うわっ、なんだろう、ブルっときた。まるで市場に出されたマグロになったような、皿に載せられたイワシになったような……え、人魚を食べて不老不死になったシスター? ───よし、全速で離脱する」

船长:……怎么回事,忽然打了个冷战。就像成了被摆在市场上的金枪鱼,或是被摆在盘子上的沙丁鱼……哎? 通过吃下人鱼获得不老不死的修女?——好,全速逃离。(持有杀生院祈荒(MoonCancer))

对话 13

キャプテン「ゴッホがいるのか……それは良かった。僕も彼女も、幻霊というあやふやな存在だ。彼女が泡になって消えないよう、繋ぎ止めてあげて欲しい」

船长:梵高也在啊。……那太好了。我和她都是名为幻灵的模糊不清的存在。希望你能维系住她,不要让她化为泡沫消失哦。(持有梵高)

对话 14

キャプテン「ククルカンは自由奔放に見えるけど、内面はとても繊細だ。ストーム・ボーダーに攻撃した件で真っ先に謝罪に来たのに、その後も僕の前だと落ち込んでいるからね。……確かに一度撃沈されたけど、その後は助けて貰ったんだから、そう気にしなくても良いんだけど」

船长:库库尔坎虽然表面大大咧咧的,内里却很细腻呢。明明对于攻击过Storm Border的事情老早就已经来道过歉了,但这之后在我跟前还是不太有精神呢。……虽然确实被她击沉过啦,但那之后也接受了她的帮助嘛,所以我觉得她不用放在心上也没关系的。(持有库库尔坎&通关Lostbelt No.7)

对话 15

マリーン「うん、プロテアとは海水浴仲間ー!海だとおっきな生物は珍しくないし、プロテアの泳ぎ方、魚たちに優しいからすっごく好き―!たまに、怪獣ごっこもやったりするー、ガオー!……あ、でもオルタの方はちょっと意地悪だから気を付けてね?うわわ……僕らも何人か怖い目に遭ったからさぁ……!」

水兵:嗯,和Protea是一起泡海水浴的同伴!海里的话,巨大的生物也不算稀奇,Protea的游泳姿势,对鱼群们来说也非常柔和,我非常中意呢!偶尔,也会一起玩怪兽游戏呢,嗷呜!……啊,不过Alter这边会有些使坏的心思,所以要注意哦?呜哇哇……我们也已经遇到了好几次很吓人的事情了……!(持有Kingprotea&通关Lostbelt No.7)

对话 16

キャプテン「テノチティトランにはよく勝負事を挑まれるんだけど。どうして彼女は僕を敵視しているんだろう?……え、優れた建造物に対するライバル心?競争相手として無視できないだけ?フッ……そっか。そういう事なら、ちゃんと相手をしないと失礼だね」

船长:特诺奇蒂特兰经常会来挑起胜负对决呢。不过她到底为什么会这么敌视我呢?……诶?针对优秀建筑物的竞争心理?只是作为竞争对手,无法无视而已?呼……这样啊。既然如此,不好好把她作为对手对待可就失礼了呢。(持有特拉洛克)

对话 17

プロフェッサー「はぁい報告ー。この度メリュジーヌさんの要望でストーム・ボーダーの甲板に、回転式カタパルトを新設しましたー。……シオンさんと私で、はい。顔には出しませんけど、キャプテンも内心ワクワクしているかとー」(持有梅柳齐娜(Ruler))

对话 18

(持有杀生院祈荒(MoonCancer))

对话 19

(持有特拉洛克&通关Lostbelt No.7)

喜欢的东西 1

キャプテン「好きなもの? 自由な海と、巻貝のフォルムと、音楽演奏と、アジト作り。……デザートならプディング」

船长:喜欢的东西?自由的大海、海螺的造型、音乐演奏与建造基地。甜点喜欢布丁。

喜欢的东西 2

プロフェッサー「好きなものですかー。冷たい地面の感触とか、マンタの泳ぎ方とか、真空管とか好きですねー。でも、一番嬉しいのは構ってもらう事でしょうか。守ってね?」

教授:喜欢的东西啊?我喜欢冰凉地面的触感,蝠鲼的游泳方式,或是真空管之类的。但最令我高兴的,还是有人能理睬我吧。……要保护我哦?

喜欢的东西 3

マリーンズ「ハイハーイ、好きなものは整備洗濯お風呂掃除に魚雷運び! あと、お昼のランチのために生きてまーす」

水兵们:我来我来~!喜欢的东西是整备洗涤打扫浴室搬运鱼雷!还有要为了午饭而活~!

讨厌的东西 1

キャプテン「嫌いなものは侵略と弱い者いじめ、密航とネズミ。カイニスは……嫌い、と言うより苦手だな」

船长:讨厌的东西是侵略与欺负弱者,偷渡与老鼠。凯妮斯……与其说讨厌她,倒不如说是不擅长应付她吧。

讨厌的东西 2

エンジン「嫌いなもの? 特にないよ。あー、でもキャプテン野郎はムカつくなー。あいつ、港に出るとこっそり甘いもの食べに行くんだぜ。アタシが岩塩舐めてエンジンの面倒見てるっていうのに。不公平にも程があるよな!?」

引擎:讨厌的东西? 没什么啦。啊,但船长那家伙令人火大。一旦进港,那家伙就会偷偷外出去吃甜点哦!?我明明还在舔着岩盐照顾引擎,这也太不公平了吧!?

讨厌的东西 3

ナース「嫌いなもの、ですか。お薬を嫌う人は、少し苦手ですね。あと、夜更かしする人も。マスターさんはそんなことありませんよね?」

护士:讨厌的东西吗? 我不太擅长应付讨厌药的人。熬夜的人也是。御主是不会这么做的吧?

关于圣杯 1

キャプテン「聖杯があっても使わない。だって、何でも黄金にするんだろう。金色のノーチラスなんて、悪趣味にも程がある。そういう分かりやすい宝は、イアソンにでもあげるといい」

船长:就算有圣杯我也不会用。因为会把所有东西都变成黄金吧?金色的鹦鹉螺号也太没品了吧。这种一目了然的宝物还是给伊阿宋吧。

关于圣杯 2

ベーカリー「えー、聖杯はいらないとか、またキャプテンは格好つけて。私は聖杯、とってもいいと思う。だって……無限の小麦粉が出てくるんでしょう!? 美味しいパン、いーっぱい作ってあげまーす☆」

烘焙坊:哎~,什么不要圣杯啊,船长真会装模作样!我觉得圣杯非常棒哦。因为可以变出无限的面粉吧?这样就可以做好多~~好多美味的面包了~!

活动举行中

キャプテン「イベント開催中だってさ。ま、ほどほどにね」

船长:说是现在正在举办活动哦。总之,记得适可而止哦。

生日

キャプテン「知ってるよ、君の誕生日だろ?一年間お疲れ様、マスター。その労いではないけど…今日くらいは、羽目を外そう。ほら、願い事を言って、世界中どこでも、好きな港に連れて行ってあげる。」

船长:我知道,今天是你的生日吧?这一年来辛苦了你了,御主。虽然算不上是犒劳……今天就稍微放纵一下吧。来,说出你的愿望吧。我可以带你去世界上任何一个港口。

虚数大海战幻想急航 ~上浮吧鹦鹉螺号~

对话 1

キャプテン「いいだろう、特殊状況下だ。物資の補給、交換を許可する。それで、役に立ちそうなもの、ある?」

船长:好吧。特殊情况下,允许你进行物资补给与兑换。……所以说,有能帮上忙的东西吗?

对话 2

キャプテン「本艦は今もって、警戒態勢にある。戦闘に備えて、サーヴァントの強化をしておくように」

船长:本舰从现在开始进入警戒态势。为了准备战斗,要做好从者的强化。

对话 3

マリーン「ううん、ヨーソロー!イエー!ノーチラスショップに、ようこそ!たくさん交換していてね」

水兵:唔~前进! 耶~!欢迎来到鹦鹉螺商店!要多多兑换哦!

对话 4

ナース「お疲れ様です。艦内での待機時間は慣れましたか?少しでも気持ちが悪くなったら、医務室に来るようお願いします」

护士:辛苦了。习惯船内的待命时间了吗?如果有什么不舒服的话,请随时来医务室。

对话 5

プロフェッサー「はい、こんにちは。あれ、ここはどこでしょう?アイテム交換?うわあ、うまくできるでしょうか。私、そういうサービスは苦手なのですが」

教授:嗨,你好。咦。这里是哪儿啊~?兑换道具?……呜哇。我能做好吗……我不是很擅长提供这种服务~。

对话 6

エンジン「よお、働いているな、マスター。あたしの雇い主はそうでなくっちゃ。えーへ、ここは冷房効いてていいよなあ。休憩に持って来いだぜ」

引擎:哟,真勤劳呢,御主!我的雇主就该这样才对嘛!这里的空调真舒服~。很适合休息!

对话 7

ベーカリー「ああ、いらっしゃい。交換所にようこそ、マスターさん。おいしいパンもありますよ」

烘焙坊:呀~,欢迎光临。欢迎来到兑换所,御主。美味的面包也有哦~。

对话 8

キャプテン「これだね、どうぞ。当艦の物資はいつも不足しているから、こまめに交換に来てくれると助かる」

船长:是这个吧,给。本舰的物资一直很缺乏,如果你能频繁来兑换,就帮大忙了。

对话 9

キャプテン「うーん、もう少し人気のある素材を集めておけばよかったかな。う、は、いや、なんでもないよ。単に日誌をつけていただけ」

船长:……如果早筹备一些更受欢迎的素材就好了……唔。不,没什么。我只是在写日志。

对话 10

マリーン「はい、持っていて!僕たち、荷物の出し入れも仕事だからねえ。お店番もばっちりなのさ」

水兵:来~,拿去吧~!货物的进出库也是我们的工作哦~。所以看店的工作完全不在话下!

对话 11

マリーン「頑張るマスターに、おまけとかつけてあげたいだけどなあ。キャプテンが甘やかすなあってうるさいだよねー。うん、本当は、自分が一番のくせにさあ」

水兵:本想给努力的御主送点赠品什么的。但船长说什么不能太惯着御主~。真是的~。明明自己才最惯着御主~。

对话 12

ナース「こちらのアイテムですね。どうぞ、マスター。ンフフ、医療品以外の物を扱うのは新鮮です」

护士:是这个道具吧。请拿好,御主。呵呵,经手医疗用品以外的东西还真是有新鲜感呢。

对话 13

ナース「いつもアイテム交換、ありがとうございます。ここのスタップは、持ちも理性なのが、少し残念ですね」

护士:非常感谢您经常光顾来兑换道具。但这里的工作人员是轮班制的,这点有点遗憾呢。

对话 14

プロフェッサー「はい、これじゃない?いいえ、大丈夫、合ってます。手渡しとか、緊張しますね。」

教授:嗯不是这个~。不,没关系,东西没错。只是亲手交东西让人有点紧张……

对话 15

プロフェッサー「外は、虚数の海なんですよね。興味はつきませんが、危険度もイーエクスかと。いざとなったら、守ってね」

教授:外面是虚数之海吧~……令人充满兴趣,但危险度也是EX。……万一有什么事,要保护我哦?

对话 16

エンジン「んん、こういうのがいいんだ。早ありものっていうの?機関室に籠っていると、そういうのよく分からなくてさ。でも、あんたが嬉しそうなら、あたしも嬉しいな」

引擎:唔……你想要这种东西啊……是所谓的流行物件吗?总是窝在轮机舱就会不了解这种东西。但只要你觉得高兴,我也会很高兴!

对话 17

エンジン「持ってけ持ってけ!ああ、ところで、ほかのネモ・シリーズだけど、迷惑かけてねいか?あいつらが馬鹿やったら、あたしが切り飛ばしておくから、大目に見てやってくれよな」

引擎:拿去吧拿去吧。啊~,话说关于其他尼莫系列,没给你添麻烦吧?如果他们犯傻的话,我会狠狠教训他们的,你就放他们一马吧。

对话 18

ベーカリー「お買い上げありがとうございます。えへへ、なんか頬が焼けちゃう。こういうの一度言ってみたかったのさ」

烘焙坊:感谢您的购买。……哎嘿嘿,感觉会忍不住笑起来呢。我一直很想说一次这种话☆

对话 19

ベーカリー「ところで、ちゃんと食事はとってる?食欲が湧かない時は、キッチンに来てね。焼き立てのパン、ごちそうしちゃうから」

烘焙坊:话说,你有好好吃饭吗?没有食欲的时候记得来厨房哦。我会请你吃刚烤好的面包。

对话 20

キャプテン「よくやった。君の活躍で、作戦は終了した。我々の勝利だ。と……お硬い物言いはこれぐらいにしようか。色々あったけど、得るものの多い航海だった。キャプテンとして誇りに思うよ、マスター」

船长:干得漂亮。多亏了你的奋斗,作战结束了。我们胜利了。……客套话就说到这里吧。虽然发生了不少问题,但这趟航海依然让人受益良多。作为船长,我感到很自豪哦,御主。

对话 21

キャプテン「ノーチラス号がドックに戻れば、この交換所も閉鎖される。残った物資は残らず交換しておくんだよ。まあ、虚数空間で入手したアイテムとか、手元に残しておくと思えないけどね」

船长:等鹦鹉螺号返回船坞之后,这兑换所就要关闭了。记得把剩下的物资一个不剩全部兑换掉哦。……不过,我也不觉得你会把在虚数空间获得的道具留在身边吧?