堂·吉诃德/语音

战斗

开始 1

ドンキホーテ「ぬはははは!いざ、疾風の如くッ!」
サンチョ「フレー!フレー!旦那様ー!」

堂·吉诃德:哇哈哈哈哈哈! 出击如疾风!
桑丘:加油~,加油~,老爷加油~!

开始 2

ドンキホーテ「敵は幾万ありとても、この槍が、貴公らを薙ぎ払うであろう!」
サンチョ「65点という感じですね?」
ドンキホーテ「もう少し点数に容赦をくれないかね!?」

堂·吉诃德:即便敌军多达数万人! 这把枪也定能扫荡汝等!
桑丘:差不多也就65分的档次了吧。
堂·吉诃德:打分就不能再客气一点吗!?

开始 3

ドンキホーテ「我が名はドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ!貴公の名をお尋ねしよう!」
サンチョ「それはいいので、さっさと攻撃しましょう?旦那様」
ドンキホーテ「あ、あ?わかった」

堂·吉诃德:吾名乃堂·吉诃德·德·拉·曼却! 将汝之名号报上来吧!
桑丘:问这些当然无妨啦,但还是赶快攻击吧,老爷。
堂·吉诃德:啊,唔,明白了。

技能 1

ドンキホーテ「発動!」

堂·吉诃德:发动!

技能 2

サンチョ「はいどうぞ!」

桑丘:来,请吧。

技能 3

ドンキホーテ「槍にかけて!」

堂·吉诃德:赌上这把枪!

技能 4

ドンキホーテ「栄光よ!」
サンチョ「平穏で」

堂·吉诃德:荣耀啊!
桑丘:要平安!

指令卡 1

ドンキホーテ「ははーっ」

堂·吉诃德:遵命!

指令卡 2

サンチョ「承りです!」

桑丘:谨遵命令!

指令卡 3

ドンキホーテ&サンチョ「了解!」

堂·吉诃德&桑丘:明白啦!

宝具卡 1

ドンキホーテ「我が宝具、お見せしよう!」

堂·吉诃德:让汝等见识一下吾之宝具吧!

宝具卡 2

サンチョ「つまらないものですが」

桑丘:虽然不值一提……

宝具卡 3

ドンキホーテ「宝具、行くぞぉ!」

堂·吉诃德:要放,宝具啦!

宝具卡 4

サンチョ「しょうがないですね。了解です!」

桑丘:真拿您没办法,明白了!

攻击 1

ドンキホーテ「はあーっ!」

堂·吉诃德:哈——!

攻击 2

ドンキホーテ「いざ、突撃っ!」

堂·吉诃德:开始突击!

攻击 3

ドンキホーテ「これでどうだっ!」
サンチョ「凄いですよ!」

堂·吉诃德:这样如何!
桑丘:很厉害哦!

攻击 4

サンチョ「投げまーす!」
ドンキホーテ「たっ、頼むぞっ!」

桑丘:要扔了哦~!
堂·吉诃德:拜,拜托了哦!

攻击 5

ドンキホーテ&サンチョ「グード・ドーン!」

堂·吉诃德&桑丘:精彩地咚!

攻击 6

ドンキホーテ「そらそらっ!」
サンチョ「ひと押し!」

堂·吉诃德:看招看招!
桑丘:再加把劲!

Extra 1

ドンキホーテ「光の加護を我に!」
サンチョ「輝いてますよ!旦那様ー!」

堂·吉诃德:赐吾光之加护!
桑丘:您在闪耀哦,老爷!

Extra 2

ドンキホーテ「破れかぶれの突撃ーッ!」
サンチョ「その『かぶれ』って何ですかねー?」

堂·吉诃德:破罐子破摔的突击~~!
桑丘:那个破摔是要怎么摔呀~!

Extra 3

ドンキホーテ「どっせーーい!」
サンチョ「拍手喝采お願いしまーす!」

堂·吉诃德:嘿呀——!
桑丘:还请各位多拍手喝彩~!

Extra 4

サンチョ「旦那様ファイトー!」
ドンキホーテ「それそれそれっ!」

桑丘:老爷奋斗吧!
堂·吉诃德:看招看招看招!

宝具 1

ドンキホーテ「騎士たるものの勇気、今こそ見せる時!」
サンチョ「それでは参りましょう!ヴァリエンテ・アサルト・デディカドーー」
ドンキホーテ&サンチョ「ア・ラ・プリンセッサ!!」

堂·吉诃德:此刻正是展现身为骑士的勇气之时!
桑丘:那就让我们开始吧。呜呼,以吾之枪——
堂·吉诃德&桑丘:献给心爱的公主!

宝具 2

ドンキホーテ「サンチョ!宝具の名を覚えておるかっ!」
サンチョ「ヴァリエンテ・アサルト・デディカド・ア・ラ・プリンセッサでございますよー、旦那様」
ドンキホーテ「思い出したぞ!!終わった」

堂·吉诃德:桑丘! 你还记得宝具名吗!
桑丘:是呜呼,以吾之枪献给心爱的公主哦,老爷!
堂·吉诃德:老夫想起来了! 啊,已经说完了。

宝具 3

ドンキホーテ「行き先に何があろうと、私は行かねばならぬのだ!私は騎士!ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャなれば!」
サンチョ「旦那様は最高の騎士です!」

堂·吉诃德:无论路途的前方有什么,我都必须继续前行才行!我乃骑士! 乃堂·吉诃德·德·拉·曼却!
桑丘:老爷是最棒的骑士!(通关「死想显现界域 Traum」)

受击 1

ドンキホーテ「ぐおおおあっ!」
サンチョ「旦那様…!」

堂·吉诃德:呜噢噢噢噢噢!
桑丘:老爷!

受击 2

ドンキホーテ「あいたっ!」

堂·吉诃德:啊好痛!

受击 3

ドンキホーテ「んぬぬぅ……っ!何のこれしき…!」
サンチョ「旦那様、無理はなさらないで!」

堂·吉诃德:呜噢噢噢,这点不算什么!
桑丘:老爷,千万不要勉强自己!

受击 4

サンチョ「軽傷でございます」

桑丘:只是轻伤。

无法战斗 1

ドンキホーテ「サンチョ…お前は逃げろ…!」
サンチョ「いえ。もちろん運命を共に致します」

堂·吉诃德:桑丘,你快逃……
桑丘:不,我当然要与老爷命运与共。

无法战斗 2

ドンキホーテ「ここまで……か……」
サンチョ「地獄の果てまで、ですよ」

堂·吉诃德:到此为止了,吗……
桑丘:我愿陪您去往地狱深渊。

胜利 1

ドンキホーテ「勝利!我が愛、我が騎士道、恐れ入ったかーッ!あいたたたたた…」
サンチョ「傷の治療をしますのでじっとしてくださいね、旦那様」

堂·吉诃德:胜利! 吾之爱,吾之骑士道,认输了吧! 好痛好痛……
桑丘:我来为您治伤,安静点别动哦,老爷。

胜利 2

ドンキホーテ「うん、ワシの勝利である!」
サンチョ「旦那様流石です!なので、反省会を開きましょう」
ドンキホーテ「それ、今からやらなきゃダメなの……?」

堂·吉诃德:嗯,老夫胜利了!
桑丘:老爷真了不起! 所以,来开反省会吧!
堂·吉诃德:那个必须要现在开吗?

胜利 3

ドンキホーテ「か、勝った…!危ないところであったが、我が騎士道がワシを守ってくれたのだなっ!」
サンチョ「いえ?私が不思議パワーで守ったのですけど」
ドンキホーテ「そうなの?」

堂·吉诃德:赢,赢了……虽然千钧一发,但是吾之骑士道保护了老夫啊!
桑丘:不,是我的不可思议力量保护了您啊。
堂·吉诃德:是这样吗?

胜利 4

ドンキホーテ「騎士たるもの、かくあるべし!だな」
サンチョ「ご立派ですよ、旦那様!怪我していなければもーっっとご立派です!」
ドンキホーテ「あれ?なんか怒られそうなの、ワシ……?」

堂·吉诃德:身为骑士,理当如此! 对吧!
桑丘:太了不起了,老爷! 如果没受伤就更了不起了。
堂·吉诃德:咦,怎么感觉老夫好像被训斥了?

召唤和强化

召唤

ドン・キホーテ「おお……これが……これが召喚!失礼した、ワシの名はアロンソ・キハーノ、ではなく!我が名はドン・キホーテ!ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャであります!」
サンチョ「クラスはランサーです。あ、私は従者のサンチョ・パンサでございます。正式名はもっと長いので、ひとまずサンチョでよろしくお願いいたしますね。」
ドン・キホーテ「さあ、我がマスター殿!ワシが討つべき敵を教えていただきたい!さあ、さあさあさあ!」
サンチョ「申し訳ありません。召喚でテンションが高いので……」

堂·吉诃德:噢噢……这就是……这就是召唤!失礼了,老夫名为阿隆索·吉哈诺,不对!吾名为堂·吉诃德!乃是堂·吉诃德·德·拉·曼却!
桑丘:职阶是枪兵。啊,我是随从桑丘·潘沙。正式名称更长,但麻烦您就称呼我为桑丘好了。
堂·吉诃德:好了,吾之御主阁下!请告诉我老夫必须打倒的敌人为何!来吧,来吧来吧来吧!
桑丘:非常抱歉,由于召唤,老爷现在比较亢奋……

升级 1

ドン・キホーテ「ぬおおおおお!レベルアップ!」
サンチョ「ご気分はいかがですか?旦那様」
ドンキホーテ「うん!なんだか分からないが、力が漲ってくる!むぉっほっほっほ」
サンチョ「歳なのですからレベルアップもほどほどですよ、旦那様

堂·吉诃德:唔噢噢噢等级提升!
桑丘:您感受如何,老爷。
堂·吉诃德:嗯,虽然不太明白但感觉力量在增长……咳咳咳咳!
桑丘:都一把年纪了,等级提升也要适可而止哦,老爷。

升级 2

サンチョ「レベルアップです。旦那様はお力が、私は知力がアップしています」
ドンキホーテ「おお!誠か!」
サンチョ「いえ、適当です」

桑丘:等级提升。老爷提升的是力量,我提升的智力。
堂·吉诃德:噢噢,是真的吗!
桑丘:不,我随便说的。

升级 3

サンチョ「レベルアップです。よしよし」
ドンキホーテ「こらこら、頭を撫でるでない!」

桑丘:等级提升了,好乖好乖。
堂·吉诃德:喂喂,不要摸老夫的头!

灵基再临 1

ドンキホーテ「おお!なんと見事な……見事な……鉄鎧?おかしい!本来ならもっと豪華になるはずでは?」
サンチョ「私が華やかになりましたので」

堂·吉诃德:噢噢,多么杰出的……杰出的……铁制铠甲?太奇怪了,原本应该会变得更为豪华吧?
桑丘:因为我变得更为豪华了。

灵基再临 2

ドンキホーテ「おお!まるでサンチョのようではなく……サンチョのようでは……はて?」
サンチョ「旦那様、サンチョはサンチョですよ」

堂·吉诃德:噢噢,简直就不像是桑丘……就像桑丘……奇怪……
桑丘:老爷,桑丘就是桑丘哦。

灵基再临 3

ドンキホーテ「おお……そうだったか……そうだったのか……確かにワシという物語はこうして終わるのだったな」
サンチョ「旦那様……」
ドンキホーテ「何、気にするな!槍はまだこの手にあり!ワシの足は動く!ならば戦うのみだ!」
サンチョ「はい、旦那様がそう仰るのであれば」

堂·吉诃德:噢噢……是这样啊,原来是这样啊。名为老夫的故事确实像这样结束了吧!
桑丘:……老爷……
堂·吉诃德:没事,不用介意!枪仍在手中,老夫的腿脚也还能走路。那么,唯有战斗。
桑丘:嗯,既然老爷您这么说。

灵基再临 4

ドンキホーテ「ふあーあ……眠い眠い。かくして物語は終わり、老騎士は消え去り、後はお前の物語だよ、サンチョ。いやさ、我が姫君よ」
サンチョ「いえいえ、サンチョはサンチョです。ドゥルシネーアなど私にとってはただの付属品。私は最後の最後まであなたの足であり、友なのですから。素敵ですよ、旦那様」

堂·吉诃德:呼呵啊啊啊……好困好困……于是乎,故事终结,老骑士消失,接下来就是你的故事了哦,桑丘。不,我的公主殿下啊。
桑丘:不不,桑丘就是桑丘。杜尔西内娅什么的,对我来说不过是附加物。因为直到最后,我都是您的双腿,您的朋友。您很棒哦,老爷。

个人空间

牵绊 Lv.1

ドンキホーテ「おぉ、マスター殿!」
サンチョ「はい、こんにちは」

堂·吉诃德:噢噢,御主阁下!
桑丘:嗯,您好。

牵绊 Lv.2

ドンキホーテ「おや、マスター殿!この、ドン・キホーテをお呼びですかな?」
サンチョ「違うみたいですよ?旦那様」

堂·吉诃德:哎呀,御主阁下,您找在下堂·吉诃德有事吗?
桑丘:好像并没有哦,老爷。

牵绊 Lv.3

ドンキホーテ「んふふ……今度こそ呼ばれましたよな!マスター殿!」
サンチョ「今度は本当のようです。良かったですね、旦那様」

堂·吉诃德:哼哼,这次总算是叫我了吧,御主阁下!
桑丘:这次好像是真的。太好了呢,老爷。

牵绊 Lv.4

ドンキホーテ「マスター殿。ワシ……ここにいて良いのでしょうか?冷静になって考えてみると、たかが老人がカルデアをうろちょろしているのは……」
サンチョ「今更何を言っているのですか旦那様!旦那様は旦那様らしく、胸を張ってくださいませ?だって、貴方は最高の騎士でしょう?」

堂·吉诃德:御主阁下,老夫真的可以留在这里吗?冷静下来思考,区区一个老人在迦勒底转悠未免有些……
桑丘:事到如今您还说些什么呢,老爷。老爷就该有点老爷的样子,挺起胸膛。因为,您是最棒的骑士吧?

牵绊 Lv.4

サンチョ「あの特異点での戦いをクリアしたマスターさんならば、言っても構わないでしょう。私はサンチョ・パンサですが、物語に出てくる、他の人物の統合概念でもあります。そして、彼が打ち勝てなかった、唯一の存在。現実という壁でもあるのです」

桑丘:既然您是完成了那个特异点的御主,那告诉您应该也无妨吧。我确实是桑丘·潘沙,也是故事中登场其他人物的集合概念。同时,更是他没能打赢的唯一的存在……也就是名为现实的壁垒。(通关「死想显现界域 Traum」)

牵绊 Lv.5

ドンキホーテ「老騎士……いえ、実のところ、ただの田舎者であったワシと、ここまで一緒に戦ってくださったとは、もはや感動の言葉では言い表せませぬ。死力を尽くして、この命を捧げましょうぞ」
サンチョ「捧げられても困りますので、半分くらいにしてくださいませ。残り半分は、私が受け持ちますので。マスターさんも悲しみますよ」
ドンキホーテ「そ、そうか?そう…なら、まあ、半分くらい捧げましょうぞ!」
サンチョ「はい!旦那様ともども、よろしくお願い致しますね」

堂·吉诃德:能与老骑士,不……是与其实只是个乡下人的老夫并肩战斗到这个地步,老夫已经无法用感动一词来表达了。老夫会拼尽全力,不惜献上这条性命。
桑丘:全部献上也让人挺不好办的,只献半条就行了。剩下的半条由我保管。否则御主也会伤心的哦?
堂·吉诃德:是,是吗?既然如此……那么,就允许老夫献上一半吧!
桑丘:好,我和老爷都要请您多关照啦。

牵绊 Lv.5

サンチョ「私は、物語の最後に、旦那様を苦しませたモノです。私の罪は、誰に弾劾されるでも、罰せられるものでもありません。信頼できるマスターさんに知っていただければ、少しだけ、気が楽になりそうだったので……。どうぞご内密に、お願いしますね」

桑丘:我是在故事的最后折磨老爷之人。我的罪过不会被任何人弹劾或是惩罚。让值得信任的御主知道这些,多少也能让我好受一点……还请您务必为我保守秘密。(通关「死想显现界域 Traum」)

对话 1

ドンキホーテ「いざ!出発の時」
サンチョ「では、準備しますね」

堂·吉诃德:来吧,是时候出发啦!
桑丘:那我先去做准备啦。

对话 2

ドンキホーテ「はい!マスター殿こそ敬愛するドゥルシネーア様と同じく忠誠を尽くすべき主ですな」
サンチョ「そして私はメイドです。つまり旦那様は……中間管理職?」
ドンキホーテ「そう言われると……途端にせせこましくなるな……」

堂·吉诃德:是的,御主阁下正是与老夫敬爱的杜尔西内娅大人一样,理应尽忠的主人!
桑丘:而我则是女仆。也就是说,老爷算是中层管理人员?
堂·吉诃德:被你这么一说,顿时令人感到局促了……

对话 3

ドンキホーテ「マスター殿との関係……ふむ、理想的な主従だと考えております」

堂·吉诃德:和御主阁下的关系……老夫觉得应该是理想的主从!

对话 4

サンチョ「マスターさんとの関係は……うーん、どうなんでしょう?信頼していますので、それで十分では?」

桑丘:和御主的关系啊……唔,究竟算什么样的呢。我信任您,这就够了吧。

对话 5

ドンキホーテ「おお、これがシャルルマーニュ十二勇士!うーん、個性的な方々ですなあ」
サンチョ「素直にイロモノという表現をした方がよいのではないでしょうか?旦那様」
ドンキホーテ「しーっ!しーっ!」

堂·吉诃德:噢噢,这不是查理曼十二勇士吗!……唔嗯,真是群个性十足的人物呢……
桑丘:您就坦率地说他们是搞笑人物就行了啦,老爷。
堂·吉诃德:嘘~! 嘘~!(持有部分从者[注 1])

对话 6

ドンキホーテ「おお……あの輝き、あの美貌はまさしくドゥルシネーア様……あいた!」
サンチョ「失礼しました、踏みやすい足だったもので。いえマリー様、この方は貴方様とは全くなんの関係もない騎士でございます、さあ帰りますよー」
ドンキホーテ「いや、せめて挨拶を……引きずる力強ー!」

堂·吉诃德:噢噢,那散发着光辉的美貌完全就是杜尔西内娅大人……好痛!?
桑丘:失礼了,只是觉得这脚看上去真便于踩呢。没事,玛丽大人,这位骑士和您毫无关系。来吧,该回去啦~。
堂·吉诃德:不,至少让老夫打个招呼……拖拽的力气……好大!(持有玛丽·安托瓦内特玛丽·安托瓦内特(Caster))

对话 7

サンチョ「はぁー……」
ドンキホーテ「どうした、サンチョ。あの赤い馬……馬ぁ?をじっと睨んだりして」
サンチョ「いえ、私のロシナンテ要素が耳と尻尾だけに止まって本当によかった、とありがたさを噛み締めていただけです」
ドンキホーテ「何か分からぬが……よかったな、サンチョ!」

桑丘:唉…………
堂·吉诃德:怎么了,桑丘。一直盯着那匹红色的马……马? 目不转睛的。
桑丘:不,我只是在细细品味自己的驽骍难得要素仅限于耳朵和尾巴一事有多么值得庆幸。
堂·吉诃德:……虽然老夫不太明白,但为你高兴呢,桑丘。(持有赤兔马)

对话 8

ドンキホーテ「おぉ、偉大なる冒険者シャルルマーニュ様。拝謁できて光栄の至りです」
サンチョ「むー……騎士避けスプレーとかありませんか?そうですかー……」

堂·吉诃德:噢噢,伟大的冒险者查理曼大人!能拜见您是在下的荣幸!
桑丘:唔。有没有驱骑士喷雾呢,是这样哦……(持有查理曼)

对话 9

キホーテ「お、あれこそは円卓の騎士、パーシヴァル殿! おかしい……ワシと同じような突撃をしているのに、何故あれほどカッコいいのだろう……? やはり背丈か!?」
サンチョ「背丈以外にも色々なものが必要そうですね。でも、旦那様の突撃はアレでいいと思いますよ、私」

堂·吉诃德:那,那就是圆桌骑士珀西瓦尔阁下!奇怪了,明明和老夫一样用的都是突击,为什么会那么帅气呢……还是因为身高吗!
桑丘:除了身高以外,应该还需要各种要素。但是,我觉得老爷的突击保持那样就好了哦。(持有珀西瓦尔)

对话 10

キホーテ「おお、あれこそは円卓の騎士、トリスタン殿……! あの秀麗な立ち姿、あれこそ騎士の理想形!」
サンチョ「旦那様? トリスタン様は壁に寄りかかって眠っていらっしゃいますが……」
キホーテ「マジでか!?」

堂·吉诃德:噢噢,那就是圆桌骑士崔斯坦阁下。那秀丽的站姿……那才是骑士的理想形态……!
桑丘:老爷,崔斯坦阁下只是靠在墙边睡觉而已啊。
堂·吉诃德:不会吧!(持有崔斯坦)

对话 11

キホーテ「おお、円卓最高と謳われたランスロット殿! これはサインをいただくほかないのでは!」
サンチョ「旦那様、鎧にサインはいけませんからね? こちら、色紙です」

堂·吉诃德:噢噢,被誉为圆桌最强的兰斯洛特阁下!必须去找他签名才行!
桑丘:老爷,千万不能在铠甲上签名哦?这是签名版。(持有兰斯洛特(Saber))

对话 12

キホーテ「むおっ!? あれがモードレッド殿……円卓の叛逆の騎士……! むぅぅ、いずれ対決する日も来るか……」
サンチョ「モードレッド様なら、割とノリノリで決闘をお受けになりますので、絶対に、ぜええっったいに! おやめくださいね、旦那様」
キホーテ「……はい」

堂·吉诃德:唔噢! 那是莫德雷德阁下……圆桌的叛逆骑士……!唔嗯,老夫或许迟早需要与其对决呢……!
桑丘:莫德雷德大人或许真的会兴致勃勃地接受决斗,所以绝对,绝对——别这么做哦,老爷。
堂·吉诃德:好的……(持有莫德雷德)

喜欢的东西

ドンキホーテ「好きなもの、それはもちろん騎士道でございます!」
サンチョ「読書と執筆が趣味ですね。旦那様の奇行を題材にしたらたぶん大ヒットです!」
ドンキホーテ「それはやめてくれないかサンチョ!」

堂·吉诃德:喜欢的东西。那当然是骑士道啦!
桑丘:我的爱好是读书和写作。如果写一部以老爷怪异行为作为题材的作品,多半会非常畅销吧。
堂·吉诃德:千万别这样,桑丘!

讨厌的东西

ドンキホーテ「うーむ、嫌いなものですか」
サンチョ「私は特にありません」

堂·吉诃德:唔……讨厌的东西啊……
桑丘:我倒是没什么讨厌的。

讨厌的东西

ドンキホーテ「嫌いなもの……やはり、臆病な自分でしょうか」
サンチョ「旦那様……あれは私の独断です。独断なのです」

堂·吉诃德:讨厌的东西,应该还是胆小的自己吧。
桑丘:老爷,那是我的独断专行……是我的独断专行啊。
(通关「死想显现界域 Traum」)

关于圣杯

ドンキホーテ「聖杯、おぉもちろん願いはありますとも。ドゥルシネーア様の偉大さと高潔さ、そしてその美貌を世にあまねく知られますように」
サンチョ「まぁ旦那様!そう言われると照れますよー。嫌ですねぇ。もう」
ドンキホーテ「え、なんで照れてるの」

堂·吉诃德:圣杯……噢噢,当然有愿望。希望杜尔西内娅大人的伟大、高洁,以及美貌能传遍世界的每个角落!
桑丘:哎呀,老爷,被您这么一说,我都不好意思了。讨厌啦,真是的!
堂·吉诃德:哎,你为什么会不好意思啊……?

活动举行中

ドンキホーテ「お祭りですな!」
サンチョ「遅れを取りませんように」

堂·吉诃德:是祭典吧!
桑丘:可不能落后哦。

生日

ドンキホーテ「おぉ、マスター殿の誕生日ですか!」
サンチョ「はい!そういうわけで、バースデーケーキを作ってみましたよ!旦那様と一緒に食べましょう」

堂·吉诃德:噢噢,御主阁下的生日吗!
桑丘:是的,因此我试着做了个生日蛋糕哦。和老爷一起吃吧。

注释

语音注释